アピール力抜群!ペアーズ女性会員のプロフィールの書き方を伝授!

 

人気の高い恋活アプリペアーズの最大のポイントは、登録している会員数の多さ。

 

それは、即、出会いのチャンスが増えるということですが、逆から考えると人数が多いために自分をアピールする力がないと数に埋もれてしまうということです。

 

せっかく登録したのに人気会員の影に隠れてしまって出会いのチャンスが減ってしまうのは残念ですよね。

 

そこで一工夫したいのがプロフィール。顔写真とともにチェックする男性も多い部分であり、文章からにじみ出る人柄も好感度アップに大きく役立つことでしょう。

 

今回は、ペアーズで男性が「いいね!」を押したくなるアピール力抜群のプロフィールの書き方をご紹介します。

 

ペアーズのプロフィール欄を書く時の心得

 

まず、ペアーズの自己紹介文は、会社の面接と同じと考えておきましょう。

 

会社の面接のとき、「週休二日で残業がなくて、給料はいくらで、社会保障完備で…」なんて最初にガツガツと自分の要求ばかりを面接官に突きつけませんよね。

 

そんなことをしたら一発で不採用です。それよりもやる気や自分のスキル、どんなふうに働きたいかなどを必死にアピールすることでしょう。

 

ペアーズも同じです。自己紹介欄は、相手に求める条件を提示する場ではありません。

 

プロフィールで男性を惹きつけるためには、

わたしはこんな人です。こんな魅力があります。そして出来ればこんな人がいいです。

 

とさりげなく自分の人柄や良さをアピールしつつ、自分と付き合うとこんなに楽しい未来が待っているという具体的なイメージを持たせるようにするのがコツです。

 

一見、これはハイレベルで難しそうに思えますが、書いてみるとそれほど大変ではありませんので大丈夫。

 

次に、具体的にプロフィールで重要な部分の書き方をご説明します。

 

プロフィールの書き方

プロフ

 

女性の場合、身長や血液型、現在地・出身地などは正直に書くに越したことはありません。

 

女性として気になるのが体型です。ぽっちゃり体型のわがままのボディの女性が痩せていると書くのは明らかな嘘ですし、写真などからすぐにバレます。正直に書きましょう。

 

学歴や職業や年収を書く場合は少し配慮が必要。

 

高学歴の女性の場合、学歴コンプレックスのある男性からは敬遠されますし、弁護士や医師など高収入の職業を書くとヒモ狙いの男性からのアピールが酷くなるようです。

 

事実を書くにしても、女子大卒や国立大学卒、法律関係や医療関係などと多少濁して書くのがおすすめです。そう紹介することで、最初からよからぬ目的で寄ってくる男性を少しは減らせることでしょう。

 

基本情報

 

最初はイニシャル表記となっているので、自分で呼びやすいニックネームに変えましょう。しかし、身バレを防ぐために普段呼ばれているニックネームや本名がわかるニックネームはなるべく避けた方が良いでしょう。

 

年齢など他の情報は正直に書きます。

 

恋愛・結婚について

 

この部分はその会員さんの考えをリアルにわかる部分ですので、本音を書くべき!と言いたいところですが、多少は男性の受ける印象を考えて工夫した方がよいでしょう。

 

結婚は「良い人がいればしたい」、子供は「はい」、家事育児は「積極的に参加したい」、結婚「今すぐ」はダメ。男性が引いてしまいます。

 

できれば「良い人がいれば」あるいは「2〜3年のうちに」、出会うまでの期間も「気が合えば」などがっついた印象を与えない選択肢を選びましょう。

 

また、デート費用も、最初から「男性が全て払う」は印象を悪くするので選ばないように。「相手と相談して決める」が無難です。

 

本音はどうであれ、この部分を見る男性が好印象を受けるような選択肢を選ぶのがコツです。

 

性格・趣味・生活

 

性格やタイプは相手の検索に引っかかるようポジティブなものにしましょう。「周りからは、しっかりしているようで抜けてるよねと言われます」「打ち解けると面白キャラだよねとよく友達にいじられます」など。

 

周囲の評価から自分の性格をアピールしたほうが、「自分はこんな人間です!」というよりも好印象です。

 

ただ、好きなこと・趣味は共通の話題が多くなるので男性が重視する部分。そのため、ここで手を抜かずにしっかりと書きこんでください。

 

料理や手芸などの男性が想像しやすい定番の趣味の他に、アウトドア(キャンプ)やロードバイク、バレー、空手などアクティブな趣味も入れておくと同じ趣味を持った男性の注目を集めやすくなります。

 

インドア派なら、漫画や読書や楽器演奏などもオススメです。書き方も、「料理が好きです」などあっさりとした文章ではなく、

 

「いろんな国の料理にチャレンジするのが好きで、今はインド料理にはまってスパイスからカレーを作ってます」

 

「人工の光のない場所で見上げる夜空のキレイさが大好きでキャンプによく行っています」

 

など具体的な文章をプラスするとさらに好感度がアップしますよ。

 

ココが重要!自由記入欄

 

そして一番重要なのが、自由に記入できる自己紹介文です。

 

相手によく思われようと盛って書いたり、事実と異なることを書いてはいけません。ここで無理をするとマッチングした後に齟齬が出てきて不信感を抱かれてしまいます。

 

できるだけ事実に沿って、相手が受ける印象をイメージしながら書きましょう。

 

書くべきことは、

 

プロフィールを見てくれたことの感謝 

「プロフィールを見ていただき、ありがとうございます!」

 

簡単な自己紹介

「はじめまして!〇〇です。××の仕事をしています。」

 

性格や趣味

「まわりからはおっとりしていて天然とよく言われますが、自分ではしっかり者だと思っています(笑)。

 

また、趣味は登山。この前、念願の富士山に挑戦してヘトヘトになりましたがまた登りたいと思っています。」(個性をアピール)

 

ペアーズを始めるきっかけ

 

「最近、結婚した親友がとっても幸せそうなのを見て「素敵だな」と思って登録しました」(自分の意志で前向きに検討していることをアピール)

 

付き合いのビジョン

 

「毎日が幸せと思えるようなあたたかで穏やかな時間を過ごせる人と出会いたいなと思っています。」

 

締めの感謝の言葉

 

「ここまで読んでくださってありがとうございます。もしちょっとでも気になったら「いいね!」してもらえると嬉しいです!」

 

など、起承転結を考えて、礼儀正しくすっきりとまとまったオリジナルの文章を考えましょう。

 

人気会員の文章をそのまま書き換えてコピペするのもアリですが、それではあなたという人物像がはっきり見えてこないので、アピール力はイマイチ。

 

できるだけ自分に合っている人が「いいね!」をしてくれるように、ある程度の具体性を持って、わかりやすく書き込むようにしましょう。

 

また、長すぎる文章は重い印象を、短すぎる文章は真剣さが感じられない印象を与えるので、適度な量を心がけるのも大事なポイントです。

 

書くのは避けた方がよい文5つ

 

では最後に男性が「これは地雷物件?」と避けてしまうNG自己紹介文をみておきましょう。

 

仲良くしてくれる友達募集/友達に勧められました

 

恋活だけでなく婚活を目的としている男性も登録しているペアーズでは、女性の必死さがにじみ出る文章は敬遠されます。

 

かといって「友達募集」と書いて「わたしはそんなにガツガツしてないですよ」アピールする女性や、「自分は乗り気じゃなかったんだけど、友達が…」とも見栄を張る女性も嫌がられます。

 

出会い目的のアプリに登録しておいて友達募集とはまず意味が分かりません。また友達にこちらを勧められるということは出会いの無い残念な女性なんだなと思われているのでしょう。

 

そもそもここでそんな安っぽい見栄を張るプライドの高い女は付き合いづらそう…と恋活・婚活目的の男性からすればこの文章を見ただけで白けてしまうでしょう。

 

条件が多い

 

自己紹介欄にやたらと相手に求める条件を書き込んでいる女性も嫌われます。離婚歴のある人や子供がいる人はダメ、年下希望、運転できない人は無理など自分の都合ばかりを押し付ける性格が文面からにじみ出ています。

 

希望があるのはお互いさま。それを一方的に書き込んで相手を選り好みするなんて「何様だよ!」と男性も嫌になってしまうことでしょう。

 

「使い方がよくわかっていません」

 

初めて感・慣れていない感をアピールするために、「ペアーズのやり方がよくわかってない」とわざわざ書き込む女性もイタい女性と認識されます。

 

実際にそうでも書き込むことで「ウブぶりやがって」と受け取る男性もいるので敢えて自己紹介に書いて印象を悪くする必要はありません。

 

「若いってよくいわれます」

 

年齢が上の女性が書いてしまうのが「年齢よりも若く見られます」「ほんとの年齢を言うと驚かれます」などの見た目は若いのよアピール。これも男性はゲンナリしてしまいます。

 

外見が占めるウェイトの高い恋活アプリですが、だからといってそれをわざわざ自己紹介に書き込む必要はなし。

 

実際に画像を見た男性が「え?これで33?若く見えるな」などと判断すればよいこと。

 

わざわざ自分からアピールするのは単なる「若作り」のイタい女扱いされていまうので書かないようにしましょう。

 

お金がかかりそうな趣味

 

自分をわかってもらうために趣味を書くことは重要です。

 

しかし、それが海外旅行などお金がかかりそうな趣味ばかりを書くのは収入に自信のない男性からすると敬遠要素となるので書かないほうが無難です。

 

「この女性と付き合ったらお金がかかりそう」「自分の稼ぎじゃ満足してもらえなさそう」としり込みしてしまうのです。

 

海外旅行が好きなセレブでリア充な女性ということをアピールしたいのでしょうが、男性がこの文章から受ける印象を考えると書かないほうがよさそうです。

 

まとめ

 

ペアーズに登録したのはいいものの、プロフィール欄をどうやって書けばいいの?と気が重くなっている女性もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、プロフィールは自分の魅力をアピールできるチャンス!

 

自分を客観視し、どうやって自分を表現したらより素敵な女性に見えるかを常に念頭において書けば、きっと素敵な文章・プロフィールが完成することでしょう。

 

男性が女性会員を見るときの第一関門である写真選別のクリア後、第二関門のプロフィールチェックも今回ご紹介したポイントを押さえて書けばきっと楽勝ですよ!

 

男性が思わず惹きつけられるような魅力的なプロフィールを用意して、恋活を有利に運びましょう!